いい寝!フォーラム

facebook

いい寝!フォーラム・トップ > Contents > いい寝!エピソード > 幸せな眠りをくれた子猫との日々

いい寝!エピソード

家族と一緒に寝たふとんのぬくもり、遠足前日に眠れなかった夜の思い出、今まででいちばん幸せな夢…などなど。「いい寝!フォーラム」の協賛企業である東京西川が集めた、みなさまの眠りや寝具にまつわる、とっておきのエピソードです。

幸せな眠りをくれた子猫との日々

幸せな眠りをくれた子猫との日々

重くて固い布団が主流だった頃、店頭で見つけた羽毛布団に両親が感動、

そして衝動買い。当時はとても高価なものでしたが、

子供だった私にと思いきってくれたようです。

その布団が我が家にやってきたころ、庭先に茶トラの子猫が迷い込みました。

何の躊躇もなく家に入り込み、

干したばかりの羽毛布団に飛び乗って熟睡しだす子猫。

帰る気配もなく我が家に住み着き、

いつしか無くてはならない存在になっていました。

 

軽くて気持ちのいい布団と、わきの下に潜り込み温かな体温と寝息を立てる子猫。

その温度を感じると私もいつしか寝てしまうのです、幸せな毎日です。

 

あれから19年、先日その子猫は旅立ちました。

年老いても布団に潜り込み、一緒に寝ていた子です。

居たのが当たり前の場所にもういない。

温かなふとんに潜るたびに一緒に過ごした日々が蘇る。

干しても洗っても、その子の匂いと感覚はいつまでも残っています。

幸せだった19年間、思い出が染みついた場所。

これからも大切に使っていきたいと思います。

当時無理をしてでも良いものを与えてくれた両親。

そして何にも代えがたい時間を与えてくれた子猫に感謝しつつ、

今日も布団にくるまります。

【千葉県流山市・32歳・女性】

PAGE TOP