いい寝!フォーラム

facebook

いい寝!フォーラム・トップ > Contents > いい寝!エピソード > 毛布に包まれて見上げた夏の星空

いい寝!エピソード

家族と一緒に寝たふとんのぬくもり、遠足前日に眠れなかった夜の思い出、今まででいちばん幸せな夢…などなど。「いい寝!フォーラム」の協賛企業である東京西川が集めた、みなさまの眠りや寝具にまつわる、とっておきのエピソードです。

毛布に包まれて見上げた夏の星空

毛布に包まれて見上げた夏の星空

小学生の頃、両親の田舎である五島列島へ姉と2人で祖父母のもとへ帰省しました。

私が3年生、姉が4年生。こどもだけでの飛行機は初めてで、

旅行へ行くというワクワクした気持ちと、

両親のもとを離れるという不安な気持ちが混じっていたことを覚えています。

空港に到着し、迎えに来てくれていた祖父母に温かく迎え入れられ、

楽しい日を過ごしました。しかし、夜になり布団に入ると両親を思い出し、

こっそりと布団の中で泣いていました。

それに気づいた祖母が、長椅子を駐車場に出してそこに布団を敷き、

私たちを連れ出し寝かせてくれました。

椅子に転がり、上を見上げると、そこには空一面に広がる満点の星空がありました。

普段生活している東京の家では見たこともない光景に

ドキドキと興奮を抑えられず、ずっと空を見上げていました。

暖かい毛布に包まれ見上げた星空は、今でも色褪せることなく私の心に残っています。

 

その夜は、旅の疲れもあったのか祖母の優しさ、

広大な景色を感じながらいつのまにか眠りについていました。

翌日からは祖父母の家にも慣れ、毛布に包まれてぐっすりと眠りました。

【東京都世田谷区・24歳・女性】

PAGE TOP